2016年7月18日月曜日

僕が好きなところ


みなさんこんにちは!GF椥辻3回生の大関倖弥です!
最近暑い日が増えてきましたね。熱中症などには気をつけて、夏に向けての準備を進めていきましょう!

さて、今回はGF椥辻教室の紹介をしたいと思います。僕は高校3年生の生徒時代から現在のコーチに至るまで、約3年間この教室に在籍しています。そんな僕だからこそ生徒目線、コーチ目線から教室を紹介できると思いました!その中でも特に僕が好きなところを2つ紹介します。

1つめは、「生徒とコーチの関係性」です。

椥辻教室には素晴らしいコーチたちがたくさんいます。何が素晴らしいか、それは生徒たちと一緒に一生懸命になり、逃げずに向き合うところです。距離感も非常に 近く、常に寄り添います。距離感が近いと聞いたみなさんは、友達感覚、馴れ合いなどのイメージを思い浮かべるかもしれません。もちろん、生徒たちと信頼関係を築くうえでそのような関係性になる場面もあります。お互いのプライベートな話をしたり、勉強に関係ない話も積極的にします。勉強だけを85分間やり続けるのは、しんどいと理解しているからです。

ただ、それだけではありません。先程も書いたように、僕たちコーチは逃げずに向き合います。点数が上がらない、勉強がしたくないなどといった、生徒たちにとって辛くしんどい時に必ず寄り添います。そこには、馴れ合いや友達感覚はありません。同じ立場に立ち、真剣に向き合います。そして、話を聞き、提案をし、計画を立て 、チェックをし、改善していきます。お互いがお互いの考えていることを素直に話し、前向きに頑張れるようにします。僕はこのような関係性を結べるのがすごく嬉しくて、椥辻教室の良いところだと思っています。


2つめは、「フィードバック」です。

椥辻教室では、何か行動を起こせば必ずそれに対してフィードバックをします。フィードバックとは「ありのままの自分を知る」ということです。

具体例を挙げると、一人の生徒がテストの点数が思うようにいきませんでした。そこで、コーチと一緒にフィードバックの時間が始まります。今回は100%の力でやったのか、計画通りにやれたのか、何を頑張り、何を頑張れなかったのか自分で考えてもらいました。もち ろん、僕からも「あの時こうだったよな」と具体的に話をします。そうすると、生徒自身からいろいろと良かった点、改善点が出てきました。次はこうしたいという気持ちが出てくる時もあります。

僕はこれが大事だと思っています。次の目標を達成するには、今回自分がどうだったのかをありのままに知ることが一番大切です。頑張った自分、逃げてしまった自分をしっかり受け止めるところから始まります。そのためにはフィードバックが大切になってきます。もちろん、生徒たちだけじゃなくコーチ自身も一緒にフィードバックをします。お互いがそれをすることで、目標が明確になり、目標に対して何をすれば良いのかも共有できます。それを繰り返すことで、自分のことをよく知り、ポ ジティブな気持ちで次の目標に向かうことができます。

こう話している僕自身も、当時担当だったコーチから同じように何度もフィードバックをしてもらい、最終的に大学に合格することができました。これを僕は担当の生徒にしたいと思って働いています。

この2つが椥辻教室の良いところです。僕は椥辻教室に通っている生徒から「塾に行きたくない」といった言葉を聞いたことがありません。こうした環境を保つため、今は後輩の研修をするときもあります。生徒もコーチも成長できる椥辻教室にぜひ一度来てみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

GF椥辻教室 大関倖弥

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...