2014年10月15日水曜日

伝えることの難しさ。

こんにちは。
4回生の金田です。
最近肌寒さを感じることが多くなってきました。
受験生にとっては追い込みを始めていく大事な時期ですので、体調には十分に気をつけてください!

さて、今日はつい最近あった、僕が担当しているある生徒の出来事をお話しします。
先日テストが返ってきました。

前回(夏休み前)のテストでは、テスト前から綿密に勉強計画を練り、目標点を超えるためにしっかりと準備をし、30点以上点数を上げることができました。
今回のテストでも、目標を達成するためのカリキュラムを一緒に話し合いながらたてていましたが、結果は目標に届きませんでした。
フィードバックのときに、僕はまず、
『計画通りに できた?』
と聞きました。
その子は『やらへんかった。』と言いました。
『やる気があまり出えへんかったのもあるし、前出来たし今回もそこそこできるやろと思ってた。』と。

今回のテストの計画を練る際、
前回うまくいったのは、キチンとやるはべきことをやったからやから、今回も決めたことをしっかりやれば必ず出来るよ、と何度も言っていたのですが、上手く伝わっていなかったようです。

自分の気持ちや考えを相手に理解してもらうのはとても難しくて、大変なことだと改めて実感しました。

どうすれば相手に伝わるのか?
相手はどんな言葉を求めているのか?
今回学んだこの伝える難しさを、コミュニケーションと観察力をもっと養って上手く伝えることができる、 相手の気持ちを汲むことができるコーチになりたいと思いました。
またその子とは、より一層深い信頼関係を築いていこうと思います!


金田 悠

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...