2014年10月5日日曜日

もちを描く人、もちを買う人

皆様、お久しぶりです、平石です

さてさっそくですが、みなさん、将来の夢はありますか?



このような質問をされたことがある人は多いのではないでしょうか
でも、その答えは、人によって様々ですよね。

まず、夢を語るだけの人、そして、それを追い求めてがんばっている人、中には、そもそも夢を持たず日々を過ごす人もいらっしゃるかも知れません
いわゆる「餅(もち)を描くだけの人、餅を買いに走る人、あるいは餅をほしがらない人」がいるわけですね。
そして僕は、それぞれの過程がそれぞれに意味を持っていて、どれを欠かしても餅を手に入れることはできないと思っています。
つまり、今、「将来の夢はありますか?」という問いに、どんな回答をしたとしても、自信を持っていいんだよってことなのです。
そのことを考えるだけで意味があると僕は思うんです。だから、このブログを読んだ人、まず「餅(夢)」を描いてみてください。
描いている人は、次の一歩進んでみてください。そして描くのを拒否している人は、、、自分が何で拒否するのか、考えるのも面白いと思います。

今回は以上です。では、またお会いできる日まで。

平石 匠

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...