2014年2月25日火曜日

失敗を自信へ

ようやく受験というものを乗り越えた方にも、真っ最中の方にも、少し考えていただきたいことがあります。
それは、「今の自分は、後悔しない一日を送ることが出来ているか。」ということです。
あの時勉強しておけばよかった、あの時もう少し悩めばよかった、こうすればよかった、ああすればよかった。
後悔は色々あると思います。
私が今まで生きてきた中で一番後悔していることは、大学入試の時のことです。
私は三つの大学を受けました。


幸い、その一つに合格をしましたが、あとはすべて不合格でした。
原因は、最後まで本気を出す「勇気」がなかったことです。
言い換えると、本気で勉強して、挑んで不合格になったら、自分は一体どうすれば良いのか分からない。
失敗するのが怖くて、私は勉強をすることから逃げました。
もちろんそれなりに勉強してはいましたが、とても胸を張って「頑張った」とはいえません。

その後、私はこの教室に来て、私は後悔を後悔で終わらせない、という選択肢があることに気づくことが出来ました。

私は最近「テストの点数が目標点に達しなかった。前回も、その前もそうだった。」という生徒を担当することになりました。
私は、その子にこれから、
「今までのテストではどんな所が弱かったのか、苦手だったのか、分析しましょう。そして何が必要なのか、一緒に考えましょう。」
と伝えるつもりです。
そして、この「振り返る」という過程はテストの点数を上げるためだけでなく、もっと身近なことにも、将来のことにも応用できるということを
知ってもらいたいと思っています。

皆さんは、思い出すと恥ずかしくなったり、辛く、悲しくなってしまって、思い出さないように遠ざけている・逃げている出来事はありませんか。
それを、それと向き合うことで、「あんな嫌なことがあったから、今の私がいるんだ!」と、胸をはれるようにしませんか。

先日4周年を迎えたこの教室は、それが出来る場所です。
神守萌江

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...