2013年12月25日水曜日

今年を振り返って

2013年は、私にとってよく考えた一年でした。
といっても、まだまだ人並みではなく「ちゃんと考えて行動しなあかんなぁ」と反省することがしばしばあります。

今年は、家族のこと、自分の将来のこと、大学生活のこと、椥辻教室のこと、たくさんのことを去年以上に考えました。
例えば、自分の将来のことは、自分が将来何をしたいのか、自分がこれから出来る範囲はどこまでだろう、など結論は結局出ていませんが、考えることが出来ました。
私の人生だから、後悔するようなことがあっても、それを受け止めることの出来るような選択をしたいと思っています。


こんな風に考えるようになったきっかけは、この教室日記にあると思います。
自分のことについて真剣に考えたりすることは、今まで確かに何度かありましたが、文字におこすことはしませんでした。
普段何気なく口で発している言葉とは違い、このブログに書く言葉には気を使います。
そして、こうして書き連ねていく文字によって、自分を振り返ることが出来ます。
時々前に私が書いた日記を読み返して、「ああ、こんな風に考えていたんだな」と驚いたり、恥ずかしく思ったりします。
驚いたり、恥ずかしく思ったりしたのはなぜなのか、改善したいならどうすべきか、考えながら自分の中でまだ曖昧な理想をはっきりさせたいと思います。
そう思うことの出来る自分にさせてくれたこの教室日記に参加させてもらって、本当に良かったです。

今、教室では受験生が考える間もなく勉強している姿があります。
今、私にできることはその受験生を支えることだけです。
受験生が自分の選択で出した結果を、しっかり受け止めることができるよう、精一杯かかわっていこうと思います。

神守萌江

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...