2013年5月26日日曜日

保健室の先生

こんにちは!

もうすっかり暑くなってきましたね!
椥辻教室にも半袖を来ている人が増えてきました!


私は椥辻教室でコーチとスタッフをしている西岡翼(にしおか つばさ)です!
今回は、コーチとしてではなく、スタッフとしての話をしたいと思います。

スタッフとは、自転車を整理したり、コピーなどの事務的なお手伝いをしたり、掃除
もします。

中でも一番大切なことは、生徒と話すことです。
スタッフが目標としているのは『保健室の先生』です。

怪我の手当てをするのが保健室の先生のお仕事ですが、みなさんも保健室の先生に
は、担任の先生に言えないことも言えた。
という経験はありませんか?



どんな小さな悩みごとも一つ一つきいてくれた保健室の先生の様になりたいと思って
います。

私は今でこそたくさんのコーチ、生徒とお話ししてますが、昨年までは表面上の話し
かしていませんでした。
いい人に見られるように、自分の本音をなかなか出せなくて、一度コーチを辞めさせ
ていただこうかと悩んだ時期もありました。

そのときに先輩にいろんな話を聞いてもらいいろんな話をするうちに、だんだん本音
が出せて、すごく楽になりました。
先輩がどんな思いなのかもたくさん聞くことができました。

私が一歩距離をおいていて、みんなと本音で話さないで椥辻教室を去るのはもったい
ないと思ったことと、
先輩が解決策をいろいろ提案してくださったこともあって、椥辻教室を辞めようと考
えることを止めました。

そこから、だんだん自分の本音をみんなにぶつけることができて、今ではすごく楽し
くスタッフもコーチもさせていただいています。
本当に椥辻教室に行って笑わない日がないくらい、生徒ともコーチとも楽しく話した
り、いろんな悩みを聞いたりしています。

後々になって、辞めようとしていたことを別の先輩に話すと、「なんで話してくれな
かったの?」と少し怒られました。
それだけ一人一人気にしてくださっているってことがすごく嬉しかったです。
私が本音を出せるようになってからスタッフになったこともあって、椥辻教室の見方
が変わり始めました。


少し落ち着いてからふと考えたのですが、私を止めてくださった先輩の様に言いたい
けど言い出せない悩みとか、
とにかく誰かに話したい事がある人の話をしっかり聞きたいです。そんな頼りになる
存在になりたいです。

それが今思い描く「保健室の先生」です。
今は昨年よりももっと椥辻教室が大好きです。
生徒もコーチも大好きな仲間です。

今年は人の話を聞いて、その人がほしいと思う言葉をかけてあげられるような
人になりたいと思っているのと、椥辻教室だけでなくて、違う場所でも私自身が本音
を出しています。


西岡翼

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...