2010年12月20日月曜日

うめ日記:第3回「続ける姿勢」

どうも、高等部担当のうめちゃんです。



高3生たちの公募推薦入試の合格速報はもうご覧になりましたか?

みんなしっかり合格してくれました。



さぁ、いよいよ年明けには、センター試験、そして各大学の一般入試です。





今回は、その高3生との日々の会話での気付きをお話しします。




大学を受験するにあたり、

必ず必要になる大切な教科として、「英語」があります。



英語を効果的に受験勉強していくには、

自分の志望校の過去問の特徴を分析、把握し、

それに応える「対応力」が必要になります。



大きく英語の勉強軸を分ければ、

「英文法」「長文読解」「単語力」といった3つのグループが見えてきます。



この最後の「単語力」というのがなかなか難しい。

英語の語彙力とでも言うべきこの力は、

「ただ闇雲に覚えれば良い」と言うわけではありません。



「単語が覚えられない、どうしたらいいのか」





こういった相談を生徒からもらうことは少なくはなく、

その都度、「忘却曲線」や「長期記憶・短期記憶」など、

「効率の良い単語暗記法」を教えていました。





そんなとき、

いつも単語テストが満点な生徒がいました。



「この子は、どうやって単語を覚えているんだろう」





そう思った僕は、毎週の単語テストのあとに、

「どうやって覚えているのか」と聞きました。



するとその生徒は、



「まず、来週までに500個単語を覚えて来てと言われたら、『ぜったい無理だ』と思うじゃないですか?」



僕は空かさず、「うん」と頷きました。



「単語を覚えている最中に、『もう無理やわぁ〜』と思い始めたら自分に言い聞かせるんです」



僕はまた空かさず、「なんて?」と聞きました。



「『大丈夫』と、『覚えられる、覚えられる』って言い聞かせるんです」







これを聞いた僕は、自分の観点が変わった気がしました。

それと同時に、こんなにも素直に勉強に集中するその生徒が愛おしく思えて来ました。



決して諦めず、自分を自分自身で励まし、「続ける姿勢」に感動しました。

生徒たちはみな、僕らがまだ知らない大きな力で満ち満ちています。





0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...